珈琲専門店のつれづればなし


by ゆかりん
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

小松明…鎮火祭

ー小松明ー
a0075802_20575958.jpg

ーコマツアキラーではありません。
宮島は世界文化遺産として四季折々に様々な行事やお祭りがおこなわれていますが
鎮火祭とは 毎年12月31日の大晦日、厳島神社の御笠浜で行われる火難避けの お祭りです。

宮島観光協会のホームページから引用しますので興味のある方はご覧ください


鎮火祭は毎年12月31日の大晦日、午後6時から嚴島神社の御笠浜で行われる「火難避け」の祭りです

江戸時代までは『晦日山伏(つごもりやまぶし)』と呼ばれ、山伏が取り仕切る町内の行事であったが、明治維新後は、嚴島神社の行事となりました。
神社祓殿で斎火(いみび)を灯した祭壇を設け、斎主が祝詞を済ませた後、松明に火を移し御笠浜に設けた斎場の大束に火を移します。と同時に、若者たちが自分たちの大松明に一番に火を点けようと争います。
一方、宮島の町民は30~40人でかつぐ大松明から、50cm程度の小松明まで様々な大きさの松明を作り、夕方御笠浜に集合します。

御神火を点け消火した小松明は家に持ち帰り、神棚にお供えして1年間の火難避けの護符にします。昔は、御神火を点けたまま家に持ち帰り、元旦の煮炊きの火にしていたようです。
また御神火を点けた大松明は、「たいまつ、ヨイヨイ。たいまつ、ヨイヨイ。」の掛け声をかけながら威勢良く御笠浜を練り歩きます。
御笠浜は、文字通り火の海と化します


残念ながらワタシは大晦日に宮島に行ったことがないのでその壮観さは見たことがないのですが
ご実家が土産物店をしているH子さんから台所に置いて火災除けにするといいと
小さな松明や大松明のかけらをいただいたこともあります。
今年は2日に町家通りのぎゃらりー宮郷さんに伺ったときに、この小松明をいただいて帰りました。
牛田店の焙煎機の傍に置いて火のお守りとさせていただきましょう。

いつか大松明の美しい鎮火祭の様子を見に行きたいと思うのですが
初詣の方たちもおられて宮島全体がすごい人出ですのでいつか行こうと今まだ行ったことがない。
どんなんでしょうね。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<お知らせ>
ニシナ屋のコピルアック
「羽田空港第2ターミナル金の翼」でも購入できます。
a0075802_2213263.jpg


広島ブログ★←クリックしてくださったら嬉しいです。

ニシナ屋珈琲 鈴が峰店/古江店にて
  山の中の手作り隠れ家「FURIFURI しっぽ♪さん←クリック
のオリジナル・ケア服販売中
a0075802_237394.jpg

by nishinaya | 2013-01-07 21:01 | 日々の事