珈琲専門店のつれづればなし


by ゆかりん
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

敬老会がありました。トイレ介助の話など。

お昼は並木通りのMMでランチをいただきました。
やっぱりデザートたべたいもん!
ブラマンジェ~とブルーベリーアイス
a0075802_20412912.jpg

メインは牛肉のソテー
a0075802_2042776.jpg



お昼から母の暮らすもちもちの木・土橋のおうちで敬老会がありました。
a0075802_20424849.jpg


利用者さんとよばれている母たちと家族が集い、
おはぎとお抹茶をいただいて歌を歌ったり、スライドを見たりしてて楽しい時間を過ごしました。

その後運営委員会があり現場の声や社会福祉協議会の方の話などを聞くことができました。
異物を口に入れるのは寂しさの表現としてとらえられるとか
(でも、たまたまそこに手に触れるものが転がっていたらなんでも口に入れてしまうのは認知症が進んでたら当たり前じゃないかな?とシロウトはおもった)
胃瘻の話とか

今回はトイレ介助についての話が主題として取り上げられました。

おむつを当てるのをほとんど止めている土橋のおうちの取り組みですが
日中は一時間毎にトイレに連れて行って排泄補助をしていて尿取パッドのみの使用なのですが
問題は夜間のトイレ補助なんだそう。

わざわざ起こしてトイレに行って排泄するのがいいか
もうこのまま寝かしてあげておいたほうが本人は楽なんじゃないだろうかと悩みながら
一人一人の体調を見ながら声掛けをしてるらしい。

施設長や夜間勤務の職員さんが毎晩すごく悩むところだと言われ
社会福祉協議会の方が
「悩み過ぎると疲れます、トイレ介助は永遠のテーマだからあまり突き詰めるとお世話する方が続かなくなる」とアドバイスしておられました。

母は尿意や便意を脳で理解して排泄しているのではなく、トイレに行くことで習慣として排泄してるような状態なのでほっておけば即時間毎におむつの交換状態になってしまいます。
それがまだトイレで排泄ができるのはこうした取り組みをしてもらっているからなんですね。


ワタシはグループホームにお任せで申し訳ないのですが、在宅の介護をしておられる方々は本当に大変だろうなと思います。日本女性の平均寿命89歳でしたっけ?

電車の中で出会った旧知の仲のお化粧してこれから酔心にお食事会に行く88歳のおばあさんと
杖を突いてるけどお口は達者な79歳のおばあさん(自分らが歳のことを話すのでまわりはみな聞いてます)が大きな声で
「ワタシら長生きしすぎたよね~、ほんまはもう死にたいわいね!」
と怒鳴りあうように話しておられましたが、長生き結構じゃないですか。やはり元気が一番ですよ!


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<お知らせ>
ニシナ屋のコピルアック
「羽田空港第2ターミナル金の翼」でも購入できます。
a0075802_2213263.jpg


広島ブログ★←クリックしてくださったら嬉しいです。

ニシナ屋珈琲 鈴が峰店/古江店にて
  山の中の手作り隠れ家「FURIFURI しっぽ♪さん←クリック
のオリジナル・ケア服販売中
a0075802_237394.jpg

by nishinaya | 2012-09-21 20:46 | 日々の事