珈琲専門店のつれづればなし


by ゆかりん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

初めて焙煎人サマ自慢をする。

80周年記念コーヒーが発売されます。

a0075802_10595768.jpg

商品名:80周年記念セット
       ・リロイ エリーゼブルー 100g
       ・コピ・ルアック 100g
・エスメラルダゲイシャ2011 100g
                       定価:13,611円→特別価格:8,000円(税込み)
                                               送料・手数料は無料

ニシナ屋珈琲は小さな珈琲豆屋ですが、来年で創業80周年となります。
「よう続いたもんだ」と感心するハリボテ女社長のつぶやきです。

残念ながら戦前原爆ドーム(産業奨励館)に近くで商売をしていた頃の話しはほとんど知りませんが
戦後昭和の時代コーヒー屋のムスメとして育ち、サラリーマンをしていた焙煎人サマと結婚し
旦那サマが脱サラしてコーヒー屋を続けることとなったときは、生まれが商売屋ですので大して心配も不安も感じないで、すんなりとニシナ屋珈琲の実質的な三代目の女房になりました。
当初は子供も小さかったのでワタシは全くコーヒー屋には関わっていませんでした。

それからもう25年になりますね。
焙煎人サマは頑張った。ちょうどその頃はコーヒーが喫茶店で飲む特別な飲み物から家で飲む物へ移行する時期でした。なおかつインスタントコーヒーの普及からだんだん家庭で飲むごく当たり前の飲料となりました。スーパーでもコンビニでも手に入る。

コーヒー豆専門店は生豆と焙煎機があれば案外簡単にはじめられると新規参入も多い業種です。
まだまだ増えていくでしょうね。
そんな中、他のハイセンスな店舗経営者やカリスマ店主と同じ市場で競合し残っていくために半歩先を読めるように、焙煎人サマはいつも努力を惜しみません。

さて焙煎人サマが常日頃、ワタシに話していることです。

当店の自慢はどこよりもクオリティの高いコーヒー豆を品揃えしていること。

いい生豆はちょっと産地に行ってホイホイと気軽に購入できるものではなく、生産者と長く信頼関係を結んでいる、きちんとした生豆の業者から仕入れることも高品質の生豆を手に入れる方法です。
信用とか信頼とかコーヒー豆のような発展途上国が生産の中心になっている作物はとても重要なことなのです。
大きな焙煎業者では生産量が少なくて取り扱えないようなレアなものを入手し、焙煎してすぐ販売できる体制ができているのも、他にはないことでしょう。
広島のコーヒー好きさんだけでなく、東京のコーヒー愛好者からも多くご注文いただけるのはこの品揃えと販売方法がお気に召していただけてるのだと思います。

喫茶を併設してコーヒーが飲めるようにしてあったらいいのに・・・
とか、器具を色々置いてないと不便とかいろいろご要望はあるのですが、
ニシナ屋はいいコーヒー豆を販売するのが使命だと考えています。

美味しい珈琲豆をお客さまに提供し、それを購入された方が素材として使われ自分流で楽しまれる・・・
そのお手伝い。

これからもコーヒー好きの方々がニシナ屋珈琲の焙煎人サマを応援していただけますよう努力いたします。
by nishinaya | 2011-10-05 11:08 | コーヒー豆・コーヒーグッズ