珈琲専門店のつれづればなし


by ゆかりん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

コーヒーセレモニーと春日大社のできごと

店でお客さまとコーヒーの飲み方について話していました。

日本ではコーヒーの飲み方にこれといったルールもなく、美味しくのめればいつでもどんな方法でもOKですよね~という話しから、
珈琲豆が貴重だった頃から古くからコーヒーの産地として有名なエチオピアでは
日本の茶道のように
お客をおもてなしし年長者を尊敬する儀式として、コーヒーのセレモニーがあるという話しになりました。
先日BSテレビを何気なく見てますと、エチオピアの大使館で紹介していました。
ご覧になりましたか?

a0075802_2233366.jpg


生豆をフライパンの上で煎っているのですが
まあ大ざっぱ!(笑)
炒りながら香りを楽しむということなのでしょうね~
a0075802_2254328.jpg

それを臼でつぶし、
コーヒーポット?つぼ?で5分間煮出して、
上澄みをカップに注ぎ飲んで楽しむというもの。
ポップコーンやエチオピアのパンケーキなどといただきコーヒータイムを楽しむようです。
a0075802_2262636.jpg

同じコーヒー豆を3回煮出して味の変化も楽しんで談笑するようです。

その方法が果たして美味しいかどうかはともかくとして、
ヒトをお招きしておもてなしのセレモニーとしてはとても楽しいかもしれませんよね。
一度挑戦されてはいかがでしょう?


今回、奈良で よかった思い出話を一つ。
a0075802_22125878.jpg

夫婦で猛暑の中参道を歩いて春日大社の御門につきました。
境内を見学させていただくのは一人5百円でした。
まだ、東大寺に行くし
「ここで、いいよ、でも1300年続いている第60年次式年造替の屋根の桧皮寄付だけしておこうよ。」
ということで、一口1000円寄付させてもらうために受付に行きました
(奈良の春日大社のことがマスコミなんかにでると屋根見てちょっと嬉しいじゃないですか!ワタシの桧皮はどこ?なんて)
そうすると巫女さんが丁寧にお礼を述べてくれ、お札をいただき
「境内をご覧になりましたか?もしお時間があるならご寄進いただいた方の関係者の皆さんどうぞ」
とご案内いただきました。
それでワタシは焙煎人とふたり、境内を見学させていただきました。
見学代は500円×2です。
寄進した額と同じなのですが、なんだか随分いいことをしたような気がいたしました。






********************************
 
a0075802_21571246.jpg

被爆65年企画「廣島から広島 ドームが見つめ続けた街」展★←クリック
平成22年8月5日(木)~9月20日(月・祝)
開館時間/ 午前9時~午後5時(土曜日は午後7時まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日/ 月曜日(9月20日は開館)
入館料/ 一般1,000円(800円) /高・大学生600円(400円) /小・中学生無料
    -3階展示室の出口売店にて販売中ー    

   ********************************



今年も水出しコーヒー!
a0075802_22262848.jpg広島ブログ★←クリックしてね










ニシナ屋珈琲 鈴が峰店/古江店にて
  山の中の手作り隠れ家「FURIFURI しっぽ♪さん←クリック
のオリジナル・ケア服
a0075802_21171111.jpg

  (かわいいので飼い主が楽しめるのがいいな)  
 ケアの為の「犬猫服」イロイロ販売中!(夏服追加です!)
*<*><*><*><*><*><*><*><*><*><*>*
by nishinaya | 2010-08-30 22:14 | 店頭日記